一つ前の日記へ一つ前 |  目次   | 次へ次の日記へ

のぼみ~日記 2024

2024/01/24

ヤギと大悟とはじめ狛犬



『ヤギと大悟』新年最初の放送が大室高龗神社で、ヤギと一緒に祈祷をあげてもらい、その後、千本木の熊野神社に移動して玉木宏と合流。この2社共に江戸時代のはじめ狛犬がいる神社。
まさか意識してロケ地選びをしていないとは思うけれど、渋い選定だな。大室高龗神社と千本木の熊野神社はかなり(約8km)離れているのに一気に移動。やっぱり何か意図があるのかな。
その後は山泉楼で中華ランチ大食い。これまた渋い選択。

のぼみ~日記で、上記の3か所に行ったときのことを振り返ってみた。

●大室高龗神社
何度か行っているはずなのだが、最初は2012年2月25日かな。



Exifを見てみたら、パナソニックのLX5で撮っていた。

明和7年(1770)。1700年代ですね。ジェームズ・クック、オーストラリア東岸に到達し、イギリス領と宣言した年。アメリカの独立宣言はこれより後の1776年。
明和7年7月28日(1770年9月17日)には、日本でものすごいオーロラが見えたという記録もあるそうな。
なんてことも書いてある

12年前か……。今と同じ辰年だったんだなあ。


●熊野神社(日光市千本木)
千本木の熊野神社にも何度か行っている。探すと2014年8月18日に行っている
その日の日記に、
実はこの神社、日光に移住してからはまだ訪ねていなかったと思うが、2000年4月に日光の狛犬めぐりをしたときにチェックしている。そのときの報告は狛犬ネットにも残してある。⇒このページ
……と書いている。

日光に住むなんて夢にも思っていなかった2000年。まだ中越地震も原発爆発も知らなかったときに、単純に「狛犬めぐり旅行」で日光を訪れたときに寄っていたのだ。

2014年に訪れたときの写真は↓これ




これはExifを見ると、オリンパスのXZ10で撮っていた。たしか、狛犬を撮りに行くという意識ではなく、たまたま涼風号MarkIIでの散歩で遠出してしまったときについでに寄った感じだったので、XZ10しか持っていなかったんだと思う。
2個前のページにまで戻ると、やはりそうだった。

明神の先まで行っていた↑




このページでは、「吉沢」を「よしざわ」ではなく「きちさわ」と読むことから、栃木の難読地名シリーズというのも書いていた。
すっかり忘れているので、まるまる再掲しておこうかな。

■裏をかくシリーズ
上野、小倉、藤原、福原、宮原、竹原、谷川、坂井、上田町、前田、石田、羽田、岩崎、室瀬

答え:
上野 うわの、小倉 こぐら、藤原 ふじはら、福原 ふくわら、宮原 みやばら、竹原 たけわら、谷川 やかわ、坂井 さかのい、上田町 かみたまち、前田 まえた、石田 いした、羽田 はんだ、岩崎 いわざき、室瀬 むろぜ


■字は易しいのにシリーズ
石下、刈生田、椎谷、羽仏、網戸、小宅、生良、草久、高谷、上神主、小入、道下、曲田、向田、曲畑、白久、谷浅見、横枕、福手、九石、鮎田、烏生田、手岡

答え:
石下 いしおろし、刈生田 かりうだ、椎谷 しゅうがい、羽仏 はぶつ、網戸 あじと、小宅 おやけ、生良 きら、草久 くさぎゅう、高谷 こうや、上神主 かみこうぬし、小入 おいれ、道下 どうした、曲田 まがつた、向田 むかだ、曲畑 そりはた、白久 しらく、谷浅見 やあざみ、横枕 よこまくら、福手 ふぐて、九石 さざらし、鮎田 あいた、烏生田 うごうだ、手岡 ちょうか

■駅、川、生々しいやつとか
板荷、文挟、下小代、武子川、大谷川、蛇尾川、駒生、玉生、船生、壬生

答え:
板荷 いたが、文挟 ふばさみ、下小代 しもごしろ、武子川 たけしがわ、大谷川 だいやがわ、蛇尾川 さびがわ、駒生 こまにゅう、玉生 たまにゅう、船生 ふにゅう、壬生 みぶ


……とまあ、ヤギと大悟から思わぬ想い出巡りに……。
平和な日記だなあ。

『馬鹿が作った日本史 縄文時代~戊申クーデター編』

弥生時代を築いた渡来人は2系統いた。1000年の「暴力団時代」の後に訪れた奇跡のような戦のない200余年。西郷、大久保、板垣らが「まともな維新」をぶち壊して、イギリス傀儡政権を作ってしまった。
講師と生徒一人の対話形式で、スラスラ読める、まったく新しい「」日本史読み物が登場!
『馬鹿が作った日本史 縄文時代~戊申クーデター編』
ISBN978-4-910117-38-6  B6判・300ページ 
オンデマンド 2200円(税込)、送料:330円 

オンラインでご注文(カードまたはコンビニ決済)
Amazonで購入でご購入⇒こちら



用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント。たくきの最高傑作かも?
  用務員・杜用治さんのノート

オンライン決済でご購入
 Amazonで購入でも買えます⇒こち

KindleKindle版は⇒こちら(500円)



人類を養殖している生物がいる
2013年時点ですでに現代の終末戦争を予言していたかのような小説 『人類を養殖している生物がいる』
 Kindle版 180円


書籍版もあります(1408円)
オンライン決済でご購入
Amazonで購入でも買えます⇒こちら




「マイルド・サバイバー」 (たくき よしみつ・著、MdN新書)

   
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う


           



日本の狛犬史を新しい視点で俯瞰していく試み。
新・狛犬学
A5判改定版・148ページ・フルカラー写真が500点以上!
2178円(税込)
Amazonで購入でご購入いただけます。⇒こちら


ご案内ページは⇒こちら

タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では手に入らない本は⇒こちらで

★Amazonでも購入できます⇒Amazonで購入こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
シェア用ボタン↓
Facebook   Twitter   LINE


一つ前の日記へ一つ前 |  目次  | 次へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索