一つ前の日記へ一つ前 |  目次   | 次へ次の日記へ

のぼみ~日記 2023

2023/04/01

若い客人

29日の夜、ちょっと遅めの夕寝をしようと横になってすぐ、珍しくケータイの呼び出し音が鳴った。
昨年、突然メールで「会いたい」と言ってきた東大の大学院生(だいぶ前に一緒に散歩していた近所の犬と同じ名前)だった。
近況報告などを2時間も会話した最後に、博士課程も修了し、もうすぐ実家に戻ってぶどう農園の手伝いをするので、その前にまた会えないかという。

いつ頃? と訊くと、4月1日はどうかという。エイプリルフールじゃないだろな。
まあ、いいよ、と返事した。

電話の後、ネットで調べて、13時21分下小代着というルートを提案したら、「それではその時間に下小代駅でお目にかかりたいと思います」という返事が来た。
その後、何度かメールを送ったのだが返信がない。
ちょっと不安になりながらも、一応Baumに13.30で予約を入れた。
それを伝えたメールにも返信がない。
当日になっても返信がない。
SMSで「もう電車乗っているよね? ランチの予約してあるから飯は食ってこないように」という内容を送ったのだが、それにも返信がない。
ほんとにエイプリルフールじゃないだろな。それとも何かあったのかな。死んじゃったとか……と不安を感じつつ下小代へ。

Baumの駐車場は線路脇なのだが、ちょうど駐車場に車を入れるときに予定の電車が来て、すぐ前の駅に入っていった。
歩いて駅に向かうと、改札(といっても無人駅)の前に誰か立っている。おかしいな、今の電車に乗っていたならまだ下りてそこまで来ていないはずだけど……と近づいたら、本人だった。

訊くと、あの電話の後、急に旅行に出たくなり、翌日会津若松に新幹線で向かったのだが、その車内にスマホを落としてしまい、連絡不能状態のまま会津若松入りしたとのこと。
だから今日も東京方面からではなく、逆方向から来たので、駅でだいぶ時間を潰していたらしい。
幸い、スマホは盛岡駅で回収されていて、自宅に送ってもらえるようになったという。

そんなわけで、無事、Baumでランチ。


何年ぶりだろう。ここ3年、外食というものをほとんどしていなかったからなあ。前菜のサラダ



本日のランチは3種類で、ポークかチキンかピザ。ピザは1人前しかないという。青年はポークソテーを注文



ライスを頼むので「ここはパンが美味しいんだよ」と言うと「じゃあ、パンで」となった




爺はグリルチキン



デザートのプリン

爺は歳で、全部食い切れなかったので、パンは1きれは持ち帰り、プリンは半分青年にあげた。

ランチの後は、爺の影響で最近狛犬に興味を持ち始めているという青年に、文政の狐と元文(かもしれない)狛犬を案内した。

日光市内でもかなり古い部類に入る文政13(1830)年の狐









足尾の某稲荷の狐 享保6(1721)年、岩谷稲荷神社の狐 文化13(1816)年に次ぐくらい古い






我が地域の村社を守る元文年間かもしれない狛犬







青年はロシア文学を専攻しているので、今のロシア情勢のことなども少し話した。
例えば、


↑ウクライナ正教が今のウクライナ政府から迫害を受けている、という意味を理解できる日本国民は1%もいないんじゃないかなあ。
爺は昨年末から年初にかけて「クレムナの予言」を読み、セルビアから見たヨーロッパの近現代史をちょっと囓ったので理解はできる。
2014年のマイダンクーデター以降、今のウクライナ政権が完全な「戦争ツール」として利用され、ネオナチがロシア系自国民を虐殺してきたという事実。その政権に日本の首相が勝手に大金を供与すると約束しに出かけていくというトンデモぶり。

青年とはそうした話題でも話がかみ合う。
彼は、ヨーロッパでの○○正教については「原罪などを強く言うこともない穏やかなキリスト教」と好感を持っているようだった。
時の政権から何度も迫害を受けてきた歴史を持つ人たちだけに、信仰心も強いのだろう。
映像で見たドンバスの農民たちの澄んだ眼と優しさと強さを合わせ持った表情を思い出す。
タラビッチの人生を紐解いて、セルビア正教の雰囲気も少しは伝わってきたところだったので、「信仰心が強いけれど穏やかで平和志向」というのはよく分かる気がする。
ジョコビッチの根性と強さは別格だという話でもぷちっと盛り上がったりした。

世代や学歴に関係なく、今の世界のことをしっかり把握している人は本当に少ない。

彼がこれから送る人生は厳しいものになるだろうが、うまく生き残ってほしい。
爺はどのへんまで見届けられることか……。

『新釈・クレムナの予言 タラビッチが見た2025年』
最後はプーチンやヌーランドも登場する? 19世紀から現代人へのメッセージ
Amazonで購入で見てみる⇒こちら
KindleKindle版は⇒こちら(Kindle Unlimitedなら0円)

(まえがき より)

用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント  用務員・杜用治さんのノート』 Amazonで購入で買えます
KindleKindle版は⇒こちら(500円)

重曹とかいろいろ
ビタミンD3サプリ
免疫系を正常に保つのに効果があると複数の医師が薦めているビタミンD3。
Amazonで購入で2830円。8円/粒 だったものが円安で高騰中(2022/10/18時点では3499円。10円/粒)  ⇒こちら


マグネシウムサプリ
↑これも1日おき、2日おきくらいに併用しています。気合いが入りやすくなるような?? プラシーボかもしれませんが……。

「マイルド・サバイバー」 (たくき よしみつ・著、MdN新書)

   
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う


 
『森水学園特別講座 ゴージュン式英語塾(1) 7つの基本ルールと「英語の九九」』 と 『森水学園特別講座 ゴージュン式英語塾(2) ここまでやれれば大丈夫』
詳しくは⇒こちら

用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント  用務員・杜用治さんのノート』 Amazonで購入で買えます
Kindle版は⇒こちら(500円)

人類を養殖している生物がいる

           




ガバサク談義へ
このページの写真はSONYのHX-90Vで撮ってます。たくきのカメラガイドは⇒こちら


日本の狛犬史を新しい視点で俯瞰していく試み。
新・狛犬学
A5判改定版・148ページ・フルカラー写真が500点以上!
2178円(税込)



ご案内ページは⇒こちら



『人生の相対性理論 60年生きて少し分かってきたこと』
B6判・128ページ ★ご案内ページは⇒こちら

Amazonで購入で1100円(送料別) ⇒こちら

タヌパックブックス

★Amazonでも購入できます⇒Amazonで購入こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Facebook   Twitter   LINE


一つ前の日記へ一つ前 |  目次  | 次へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索