一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/05/21

狛犬ブルース


「狛犬ブルース」というのを作ろうと思ってからずいぶん時間が経ってしまった。
作業が捗らなかった理由はいくつかあるが、
というところかなあ。
ジャズブルースだから、何人かと一緒に楽しみたいところだが、「自分でやりな」といわれてしまった(泣)。

Crafterの3万円のギターを久々に引っぱり出してみた。イントロで弾いてるのだが、やっぱりあたしはギタリストではないなあ。ド~ンとした感じ(安定感と味?)が出ない。

それでもずいぶん頑張った。
まずバッキングのギターは松子だが、ラインを使わずにマイクで生音録りのみ。
イントロのCrafterもエフェクターをかまさずにダイレクトでぶち込み、Logic側で後からエフェクト処理。おかげで音の太さが残った感じ?
EWIはEWI5000の内蔵音源とEWI USBに付属しているGulitanの音源を混ぜた。その前に、先日購入したEWIでSampletankを使うプラグインというのを試したのだが、これを使うとLogicが異常終了したり、トラックにエフェクトがかかりすぎたり、あちこちで不具合が起きる。今回もこれのおかげでとんでもなく無駄な時間とエネルギーを使ってしまった。もう二度と使わない。大した音でもないし。


ルート16


YouTubeにUPして、リビングの42型テレビで見ていたら、終了と同時にこれが自動的に再生された。
あ、こないだUPしたのを忘れていたわ。
てっちゃんと二人で1980年代に自宅録音したデモテープ。ダメダメだと思っていたのだが、今聴き返すとそんなに悪くないじゃん? って思って、そのままUPしたのだった。
これをリメイクする気持ちにはなかなかなれない。一人では大変すぎるし。
てっちゃんのベースもモコモコモコモコっていうフレーズがなかなか渋くて好きだし。

この頃って、いちばんピアノが弾けていた時期かな。これは実家のアップライトピアノ(ヤマハのいちばん安いU-10とかいうやつ)。音がボケボケで、鍵盤は重くて、ひどいピアノだったな。
ドラムはもらいものにシンバルだけ少しマシなやつを買い足したのかな。自家製二段ベッドの上にセットしてあって、叩くと下が揺れて怖かった。多分、ドラムマシンでガイドラインを入れて、それをモニターしながら後から叩いたんだと思う。
間奏のエレキギターもてっちゃん。てっちゃんらしくない音だ。エフェクターは何を使ったんだろう。
もちろんオールアナログ録音。4トラックしかないテープレコーダーをピンポンしながらやったにしては、かなりまともな音質で残っているもんだ。

歌もこの頃がいちばんバランスがよかったかもしれない。声が歳取っておらず、力も適度に抜けていて。

……なんて振り返るだけでは寂しいねえ。

レコーディングして、商品として世に出ていれば、こんなことはしなくていいのだが、そうできなかったから、タイムカプセルに入れるつもりでYouTubeに収めるのだわ。いつか誰かが発掘してくれるのをかすかに期待しながら。




医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う



『アンガジェ』のリミックスシングル 新発売!
iTunesストアのリンクは⇒こちら


タヌパック音楽館へ


『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年 阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!    moraで!


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter  


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索