一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/04/24

八幡神社(佐野市岩崎町)の社殿彫刻



3対の狛犬を愛でた後は、社殿の彫刻群も見ていこう。それほど古くはなさそうだが、とても面白い。

正面懸魚の龍



鈴があって、両側に獅子の木鼻、中央の蟇股(かえるまた)に鳥?


蟇股の鳥



木鼻はお約束の獅子と象



あら? 忘れ物?? 危ない危ない



これはなんの題材なんだろう? 中国の故事かなんかか? 龍と馬に乗った男とそれに何かを渡そうとしている?男??



これは龍と闘っているっぽい。龍の頭がいっぱいあって、下に酒樽みたいなのが8つあって、後ろに姫みたいなのがいるから、これは須佐之男の八岐大蛇退治の図ですかね。後ろは奇稲田姫か?



これは日本画などでもよく出てくる「松と鷹」の図



なんか中国の賢人とかか?



↑この大木には案内板がなかった



ここは見どころがたくさんあり、隠れた名社といえそう。社殿も立派で、奉納帳などの記録が残っていれば、分からなくなる前に、まとめて案内資料などを作成してほしい。




医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬ネット売店へ
狛犬ネット売店

『神の鑿』『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter     


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索