一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/04/24

八幡神社(佐野市岩崎町)の狛犬


ここは石段が長いなあ


2社目は少し南下して岩崎町(いわざきちょう)の八幡神社。ここには3対並んでいた。いちばん手前のが江戸時代だと思うが、残念ながら年号は見あたらず。これは今まで見てきたはじめタイプの中でも、飛び抜けてうまい。これを見られただけでも雨の中出てきた甲斐があった。

ようやく見えてきた



こんな配置で3対が石段上に並んでいる



なんといってもこれ! 江戸時代だろうが、とてもよくできている



吽像のほう。破損や摩耗もほとんどなく、大変素晴らしい状態



隣のチビが「兄貴~」って呼びかけているように見える



阿像の尾↑ 吽像の尾↓ 微妙に変化させている



どちらにも頭には小さな穴の跡があり、何かがのっていたのか、それともただ削れたのか? 蝋燭立てにした跡か?




阿像の前脚。走り毛が下向きになっているが、ただのデザインだという認識だったのか? 前脚の後ろ側に縁取り的に刻みを入れている↓ところも、石工さんのセンスのよさがうかがえる



そして、この垂れ耳!



鼻や口の縁取りもていねいで、いい仕事してますねえ。吽像はあご髭が歯と一体化?していて、なんだか変だけど



阿像のくちびるなども、曲線の描き方がとてもアートしていて、感心してしまう



腹の下も見てみたが、銘はなかった。いつ頃の作品なのだろう


無理に分類すれば「はじめ」タイプなのだろうが、これだけ精緻に彫られているものは滅多にない。この石工さんは腕だけでなくセンスが素晴らしい。
これは大切にしなければいけない。




医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬ネット売店へ
狛犬ネット売店

『神の鑿』『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter     


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索