2014/08/14

塩谷町とはどんなところか?(6) 岩戸別神社の狛犬


ヤマビルですっかり志気が下がったので、このへんで帰路につこう。
最後に、百目鬼の岩戸別(いわとわけ)神社に立ち寄った。
本日立ち寄った神社の中ではいちばん大きな神社。広く感じたのは、社殿新築中だったからかもしれない。
消失したのだろうか? 2012年3月に訪れた人のブログを見ると、ちゃんと社殿が写っている。どうしたのだろうか。

社殿がなくなっているので、妙に広く感じる


黒目が大きく、チャーミングな狛犬がいた


なかなか立派。大正くらいかな?


吽像


背中側から見ても、とてもよく彫れているのが分かる。どっしりしていていい狛犬だ


吽像の顔


阿像の顔。目の描き方は難しい。自信がなければ下手に描き直さないほうがいい


大正くらいかなと思ったが、明治44年。まあ、そんなに外していない
石工は齋藤由蔵さん


尾の先が台座とつながっている。つまり、台座と一体で彫られている


里山林の遊歩道。杉が多いのがちょっと残念


隣に稲荷社


「力石」でパワースポットをうたっているようだ


……だそうだ……


手前にパワーをもらう?ミニ力石が置かれている


それに触っていたら視線を感じた。隣の稲荷社の狐だった


こちらは最近奉納されたらしい別の力石。ビニールが興醒め


これもなんだかなあ……


結構商売熱心な?神社のようだ


境内から隣の田んぼを見たところ。パワースポットの雰囲気は確かにある


そんなわけで、半日たっぷりかけた塩谷町探訪はこれにて終了。

塩谷町の住民が一致団結して処分場を拒否しようとしていることがよく分かった。
安倍政権よ、これ以上、人びとの生活を蹂躙するな、人生を踏みにじるな。
何度でも言うが、環境省は何をするための省なのか? 環境を省くための機関か?
とにかく、徹底的に拒否を貫くしかない。

汚染物質を拡散させてどうする。合理的に考えれば、汚染がひどくて当分人が住めない場所を国が買い上げて、そこに集めていくしかないではないか。
原発を誘致した土地は、それだけのリスクを負わなければならない。それを、最初に金をばらまいて住民の心を分断し、懐柔させたときと同じ手法で、自然と共生している他の「生きている」土地を壊しにかかる。それがどれだけ異常なことか、分かっていない連中が霞が関だの永田町だのにはうようよいるのだ。やりきれない。

塩谷町町長には最後まで闘い抜いてほしいが、それよりも、へっぴり腰でなあなあになっている栃木県知事にカツを入れたい。
このままでは青森県のような歴史をたどることになる。
故郷を守る気概を持て。
なんのための行政か。なんのための政治か。
この国の財政はいずれ破綻する。
そのときに生き残るための闘いが、もうとっくに始まっている。
一人一人が、覚悟を決め、努力して、自力で土地に根ざした仕事をし、生きがいのある一生を送るために努力する。
行政はその手伝いをするための組織ではないのか。
いつまでもぼんやりしていたら、ごそっと足下をすくわれ、気づいたときには何もできない、ひ弱な地域社会になっている。
そんな未来は見たくない。







『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら



更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
デジタル・ワビサビ



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)



●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ






ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!
     

.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索